多汗症 原因

悩みの多い多汗症の原因や対処法について確認してみよう

汗をかくのは悪いことではないのですが、通常より明らかにたくさん汗をかく場合は多汗症です。
肌トラブルやコンプレックスなど悩みの種となる多汗症を改善するには、まず原因を知ること、そして基本となる対処法を知っておくことから始めましょう。

 

多汗症の原因には何が考えられる?

多汗症の原因は、大きく分けると精神的要因のものと生活習慣の乱れによるものが挙げられます。

精神的要因というのは、緊張や不安、ストレスなどを感じることでダメージを受け、交感神経が優位になることです。
交感神経は汗腺の働きを活性化するため、シチュエーションに関わらず汗がたくさん出ます。
生活習慣の乱れが原因になるのは、偏った食生活による栄養不足、不規則な睡眠、運動不足などによってホルモンバランスを崩してしまうからです。
ホルモンが分泌される視床下部は自律神経もコントロールしているため、ホルモンバランスが崩れる影響で自律神経のバランスも乱れてしまい、結果的に交感神経が優位になり多汗を引き起こします。

 

多汗症の対処法について

多汗症の対処法は、一時的に汗を抑えるのであれば、塩化アルミニウムが配合された外用薬を使用するのが効果的です。

これは皮膚科で処方してもらえますし、美容外科ならボトックス注射、整形外科ならETS手術など汗腺を刺激する神経をブロックする治療で対処することができます。
もし、病院で治療するほどではないというのであれば、運動をしたり入浴したりして汗をたくさんかくようにしましょう。
体の機能によって汗をかくと汗腺を鍛えられるので、逆に多汗症の改善につながります。

2016/04/21 03:24:21 |
ストレスなど交感神経が優位になることで起こる多汗症であれば、ツボやお灸で改善できるかもしれません。ツボやお灸というのは中国の伝統医学で、東洋医学の分野になります。東洋医学は西洋医学と違って気、水、血の巡りの状態が症状で現れると考えられているので、ツボやお灸で巡りを整えることで多汗症を改善していきます。中国医学による多汗症の分類について中国医学では、症状によって多汗症の種類が分けられています。寝汗をたくさんかく場合は陰虚症、肥満体質で冷え性も併せて発症している場合は陽虚症、熱気が体内にこもって黄色い汗をかく場合は湿熱症とされます。他にも、感染疾患による汗は外感症、皮膚の機能が低下している状態なら...
2016/04/21 03:23:21 |
多汗症と一口にいっても症状の度合いは人によって異なりますし、原因も人それぞれ違います。ネットでは多汗症を改善する情報がたくさんありますが、どんなに効果があると言われる方法であっても、自分の多汗症の原因と異なっていたら改善はできません。多汗症を改善するには、原因に即した改善方法を行わなくてはいけないので、悩んでいるなら血液検査で原因を調べてみましょう。血液検査の必要性について知っておこう多汗症の検査方法の中には、基本的に血液検査はありません。それでも多汗症に悩んでいる方に血液検査を勧めるのは、もしかしたら病気によって多汗症が起こっているかもしれないからです。一般的には多汗症の原因はストレスなど精...
2016/04/21 03:21:21 |
基本的に汗のほとんどは水なので、無味無臭無着色です。しかし、アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂肪酸、アンモニアなどさまざまな物質が混ざり合っていて、その中にルポフスチンという色素も入っています。そのため多汗症でアポクリン汗腺からも汗が分泌されている場合は、この色素のせいで黄ばみが起こることがあります。多汗症による黄ばみの解消法汗が原因の黄ばみは、皮脂汚れなどによる黄ばみとは異なる性質があるので、普通の漂白剤だけでは落とせません。多汗症による黄ばみを解消するには、皮脂汚れを落とす塩素系漂白剤ではなく酵素系の漂白剤と重曹を用意してください。そして、酵素系漂白剤と重曹を小さいボールなどに入れ...
2016/04/21 03:20:21 |
多汗症には全身性多汗症と局所性多汗症の2種類がありますが、一般的に全身多汗症は後天的な原因で局所多汗症は先天的な原因で発症することが多いと言われています。局所性多汗症の先天的な要因というのは、一言でいうと遺伝です。海外においては局所性多汗症にかかっている人の約6割の家族には、同じような多汗症の症状が出ていると言われているので、遺伝が原因で多汗症になることもあるのです。赤ちゃんに遺伝することはあるの?多汗症は赤ちゃんに遺伝するか、ということに関してはするともしないとも言えます。と言うのも、多汗症は単に遺伝だけで発症するわけではないので、多汗症を患っている方の原因によって遺伝するかしないかは違うの...
2016/04/21 03:19:21 |
多汗症というのは、単に大量の汗が出るだけではなく、日常生活に大きな支障を与えます。衣服は常に湿った状態になりますし、人に手を触れることもできませんし、肌トラブルも起こりやすくなります。このような厄介な多汗症の原因の一つとなるのがタバコです。何か関係がある?タバコと多汗症タバコにはいろいろな有害物質が含まれていますが、その中で汗に影響を与えるのがニコチンです。ニコチンには交感神経を刺激する中枢神経を興奮させる働きを持っています。つまり、タバコを吸ってニコチンが体内に入る度に中枢神経が興奮してしまうため、交感神経が刺激されて汗腺が活性化するのです。汗腺の働きが活性化されると、汗がたくさん出るように...
2016/04/21 03:18:21 |
特定の部位だけ大量の汗が出るのは局所性多汗症ですが、足裏の汗が多い症状は足蹠多汗症と呼ばれています。足は多汗症じゃなくても靴下や靴、スリッパなどで蒸れやすいので、ニオイが発生しますが、多汗症が起こるとさらにニオイが強くなります。足裏の多汗症によるニオイ足裏というのは、部位の中でももっとも体温調節に関わっている部分になります。寝ている時に暑さを感じると、無意識に足先を布団から出すことがあるように、足裏は熱を放出する部位でもあるのです。そのため、代謝異常が起こったり、汗腺が衰えて機能が狂ったりすると多汗症の症状が足裏に出てしまうのですね。足裏は、起きている間は常に何かに密着していますし、他の部位よ...
2016/04/21 03:16:21 |
多汗症は汗腺を鍛えたり、医療機関の治療を受けることで改善できますが、多汗の原因にアプローチするサプリメントを利用するのも効果的です。サプリメントは副作用の心配がなく、効き目も穏やかなので体への負担もありませんから、多汗症対策のセルフケアの一つとして活用してみましょう。サプリメントの選び方の注意点サプリメントは、目的に合わせた成分を配合していますから、多汗症用のサプリメントがどれでも効果があるとは限りません。ですので、選び方のポイントは、自分の多汗症の原因を改善してくれる成分が配合されているということになります。多汗症の原因はいろいろありますが、その中でももっとも多いのが精神的なストレスです。ス...
2016/04/21 03:15:21 |
多汗症には、全身に症状が出る全身性多汗症と、特定の部位だけに多汗が起こる局所性多汗症があります。局所性多汗症の症状は頭皮に出ることもあり、場合によっては薄毛が引き起こされるので注意しましょう。多汗症による薄毛について知っておきたい事多汗症で薄毛になるのは、汗をたくさんかくせいで頭皮環境が悪化するからです。頭皮は、普通でも髪の毛や皮脂の分泌量が多く蒸れやすい環境にあるので、雑菌が繁殖してしまいます。また汗の分泌が増えすぎると毛穴も詰まりやすくなり、頭皮環境が悪化して毛根組織の働きが低下するので抜け毛が増えます。さらに、多汗症が頭皮に起こると慢性的にストレスを感じるようになることもあるでしょう。ス...
2016/04/21 03:13:21 |
多汗症の原因はいろいろありますが、自分で対処法を実践しても改善出来ないという場合は病気かもしれません。病気が原因であれば、病気自体を治療しないと多汗症は治りませんから、心当たりがある場合は調べましょう。病気と多汗症との関係性を知っておこう病気によって多汗症になる場合は、発汗を促す代謝機能や内分泌に異常が起こっているか、循環器もしくは中枢神経の病気である可能性があります。代謝や内分泌は汗の分泌に関わっていますし、循環器や中枢神経は汗腺に刺激を与えるため、これらの機能や部位に病気があると汗がたくさん出るようになります。病気かどうかを判断する目安としては、汗が出る状態は併発する症状を参考にするといい...